コンテンツ
top

アフリカの連邦共和国

ナイジェリア連邦共和国(ナイジェリアれんぽうきょうわこく)、通称ナイジェリアは、アフリカ西部に位置する36州774の地方行政区域からなる連邦共和制国家です。

ナイジェリアは、北にニジェール、北東にチャド湖を挟みチャド、東にカメルーン、西にベナンと国境を接しています。南は大西洋ギニア湾に面している海岸は、歴史の授業でも習う、奴隷商人によって西ヨーロッパや南北アメリカ大陸に向け、奴隷が船に乗せられ出港していった「奴隷海岸」と呼ばれた海岸が存在します。
首都はアブジャで国土のほぼ中心に位置します。過去の植民地の歴史から、イギリス連邦加盟国の一員となっています。

ナイジェリアは、アフリカ最大の人口を擁する国であり、乾燥地帯でサハラを縦断するキャラバン貿易によりモノや文化、イスラム教が入ってきました。イスラム教を受容した北部とキリスト教を信仰する南部、熱帯雨林地帯で他の地域との交流が少ないため生まれた、精霊信仰と言われるアニミズム信仰が存在し、独立後、宗教紛争が多々起こりました。

経済的には、また、南部のニジェール川デルタでは豊富に石油を産出していますが、この石油を巡って内戦や内紛が繰り返されるなど、国内対立の原因ともなっています。
 





Copyright (C) 芸術と活気の国ナイジェリア情報